2017年1月28日土曜日

2017年1月29日 マインドフルバーシングジャパンのホームページ公開!!

いよいよこの日がやってきました。

新しい活動が、スタートを切りました。

ホームページはこちら→→https://mindfulbirthingjap.wixsite.com/mindfulbirthingjapan

2/11&2/18の説明会の参加表明も続々といただいてうれしいです!

自己紹介の文章から、、

Bridge of Life  命の架け橋”が活動のキーワード
みなさま、こんにちは!​産婦人科医の熊谷です。
お産と瞑想が大好きな私が、このマインドフルバースの普及に関わらないなんてまず考えられません。日本にこの知恵を普及できる機会が得られ本当にうれしいです。

私自身、瞑想に出会ってから、色が鮮やかになりいつもの景色や自然が、より美しく受け取れるようになったり、身体のごく些細な変化にも気が付くようになりました。実際は、瞑想によって自分の真実はかわりません。痛みは痛みのまま、喜びは喜びのまま、ありのままの透明な感覚で受け取ります。とてもシンプルに、ああ、今、本当にこの身体と一緒に生きているんだな!っていうことに還ってくるだけなんです。シンプルになった時に、本当に自分のコアまで透けて見えるようになって、自分という相棒と一緒にこの世界で何をなしていきたいのか、ということが見えてきました。瞑想で得られた何か、がもしあったとしても、それはお菓子にスペシャルでついていた付録のようなものです。そして、生に教科書もなにもありません。一人一人ちがう、っていうのが真実なんですよね。

 人生の始まりから、何もかもが一人ずつ違います。全てを誰かからマネすることもできませんし、未来にも同じ経験をしている人はいないでしょう。ただし、現代社会で生きてきた私たちが、身体の自然な流れに”どうぞ!”と身を任せることはとても難しい。。身体の声は頭=マインドの声で消されてしまいます。そこで、マインドフルバーシングの出番。

 このプログラムの実践により自分の感覚に目覚め自信がついてきます。その経験で、お産を含めた生の瞬間瞬間で、本当の自分何が必要なのか何をしたいのか実感できるようになります。お産は特別ですが、生活の一部です。この機会に、えいやっと身に着けたことは、一生涯の友になるだろうと思います。

 あるがまま、ありのまま、無期待で、ノージャッジで、その生の流れに身を任せる。
 どんな場所でも、どんな人でも、どんな状況でも。
 痛みも喜びも、あらゆる感情を全部、シンプルに向き合って経験したお産こそ”自然なお産”なのではないかと思っています。

私達は、今まで言われていた”自然分娩”の定義を超えていきたいと思います。マインドフルバーシングが新しいジャンプ台です。
 鎌倉を拠点に活動していますが、全国各地、離島も含め、呼ばれれば海外でも、本コースや数時間から数日単位のワークショップ・体験会などの開催をさせていただきます。お気軽にお問合せくださいね。

専用お問い合わせ先→mindfulbirthingjapan☆gmail.com ☆を@に変更お願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿