2019年11月17日日曜日

12月14日横浜マインドフルバーシング体験&今までのご感想

12月も ”こころの出産準備クラス マインドフルバーシング” 体験会を横浜で開催します。

《こころの出産準備クラス マインドフルバーシング体験会 @ 横浜umiのいえ 》
次回は 12月14日 月曜 14:00~16:00 に開催します!
マインドフルネスってなにかな?
いま、妊娠中にマインドフルネスをおすすめする理由とは。
レーズンをつかった、食べるマインドフルネスや呼吸法。
痛みに対しての感覚の違いを感じてみる 氷のプラクティス。等など
9週間の本プログラムから、特に理解の助けになる実践を紹介しています。

毎回の出会いや気づきが楽しい^ ^
リピーターも歓迎です!お待ちしています。

体験クラスの詳細、お申し込みはこちら
https://coubic.com/uminoie/117756

〔今までのご感想〕
氷のワークでは、我慢して氷を持ってみると、とっても鋭い冷たさで、手のひらがキンキンしました。その後は、身体の他の感覚を足していき、最後に隣の人に触れてもらって氷を持ちました。氷を持ち続けているので、手はどんどん冷たくなるけど、歩先生の「痛みは感じるけれど、隣の人に触れてもらった手のひらから自分の身体の大きさも感じてみてください。」という言葉をから、温度や心地いい気持ちなど、痛みだけではない感覚がどんどん自分の中に入ってきました。

    マインドフルバーシングという言葉を聞いたのは初めてでしたが、痛みを自分で大きなものにしてしまってる思い込みや、怖がる心は変えられるんだと実感しました。
    すごく不安な気持ちだったことにも気付けたし、色んな気持ちを許してあげていいという言葉に救われました‼︎

一番大きな収穫は、可能性を見いだせたことです。出産に対する不安感や恐怖感を思い込みの強い自分でも手放すことができるかもしれないという可能性を感じることができました。

いろいろな気付きがありました。大きく思い込んでいると思いました。いろいろな悩みや痛みがあってもそこにとらわれず、いろいろな見方ができればとおもいました。皆痛みをもっていて、一緒だなと思うと、いろいろな人と一体になれて素敵だなあと思いました、3人目をみごもりたいなあ、お産がしたいなあと思いました。

*氷のワークでは痛みの感じ方や時間のたつ感覚まで変化して捉え方次第でこんなに変わるんだと感じた。助産師としても仕事で痛みを経験してない自分が何をできるんだろうとk難じることも多かったが、その痛みもその人にとって必要な痛みだととらえると、助産師としての在り方をみつめなおすきかけとなった。心が楽になりました。

*お産に対しての恐怖はないものの、毎日無事に生まれてくるだろうかという不安にかられることが多い日々を過ごしていました。先生が身一つで赤ちゃんは産めますという言葉や痛みを感じる体験を通して少し心が軽くなることができました。

大切な気付きをたくさん得ることができました。自分自身が自分を苦しめていることがあったこと、いろいろ考えすぎていたことにきづきました。助産師としても母、女性としてもありのままをまずは、自分が自分のことを受け入れようと思いました。

1番印象に残った言葉「自分の身体に帰ってみる」
自分の呼吸や五感を感じることがいちばん落ち着く時間であり、身体の余計な力が抜けることだな、と改めて感じることができる講座でした。

*妊婦さんと1人1人向き合って話しを聞く、身体の声をきくことの大切さが満足なお産につながることをどんな時も忘れずにこれからも触れ合いたいと思いました。

*妊婦健診だけでは解決しないことだらけなのに、健診に行っていれば大丈夫だと思わされている都会の妊婦さんに、どう産前教育の必要性や、産前クラスが地域にあることの認識と普及活動をどうすすめていこうか、対策していきたいです。

*氷のワークから、寄り添う人がいることの大切さを実感しました。

*先生の流れるような語りかけでの瞑想は、ワークをやりながらも眠たくなってしまいました。

*今日このタイミングで参加できてよかったです。ありがとうございました。

自分とむきあうことの大切さ
誰と どうしたら どこなら のりこえられるのか
弱さやくせを知ることの大切さを改めて感じました。

分娩でも帝王切開でも痛みを完全になくすことはできませんが、痛みを受け入れる事、そのうえで自分が少しでもリラックスして過ごすことができるかが大切だなと感じました。
声掛けやタッチング、支えていいたいです。


写真は山形の講座風景より。




2019年11月16日土曜日

12月9日阿佐ヶ谷 スペシャル婦人科講座オープン

12月7日は 女の子のための講座in 阿佐ヶ谷 ☆初開催☆
https://www.facebook.com/events/414703312556454/
https://ryukyubear.blogspot.com/2019/11/127.html

12月8日は横浜Umiの家にてスペシャル婦人科講座
https://ryukyubear.blogspot.com/2019/09/128.html

そして、12月9日は阿佐ヶ谷で、マタニティヨガ・アーユルヴェーダの専門家の先生方と一緒に スペシャル婦人科講座を用意しています。
https://www.facebook.com/events/2144964212474889/

今年の悩みは、今年のうちにすっきりと!
来年に向けて、身軽に、いきませんか??

順次、詳細をUpしていきますね!!

写真は講座後のランチより。






12月7日阿佐ヶ谷開催 女の子と性のことを語る講座をやります!

日々、育ち、変化する心と身体のことを 丁寧にお伝えできたらと思います^^

女の子も、親子も、女性も、自分のカラダをより理解したい、気になる事がある方はぜひいらしてくださいね。

https://www.facebook.com/events/414703312556454/

***イベント詳細***

自分のからだを
どれだけ知っていますか?
どんな機能があり
性を受けたのだろう。



産婦人科専門医 丹家歩先生と
高校生大学生までのおんなのこ

なんでも聞ける自分の身体のこと!

お話してみませんか?



どんなこと話すのかは
参加する方たち次第。
聴きたいことを聴く
オープンなおんなのこのおはなし。
産婦人科に興味がある中高生


受付は9時30分より

一部 10時00分から11時45分


参加費
一般

おんなのこ  1000円 お菓子付き
親御と娘        3000円
おとな女性のみひとり  2500円

2時間

対象は
大人人数制限あり。
一般的に女性のみ。
男性産婦人科医師、医療従事者はご参加いただけます。お問い合わせください。

会場
阿佐谷地域区民センター
場所 ご参加者にお伝えします。
団体名 「プラサンナ・ヨガ・アーユルヴェーダ」


突然のキャンセルはご遠慮くださいませ。
キャンセルポリシーを下記のようにさせていただきます。

3日前からキャンセル料が発生致します。
3日前キャンセルは30%
2日前キャンセルは40%
前日キャンセルは50%
当日キャンセルは100%

お問い合わせ・お申込み
*******************
件名[参加申し込み]
・お名前
・所属
・当日連絡がつく電話番号
・メールアドレス
・ご紹介者
*******************
明記の上
PRASANNA Yoga & Ayurveda の
メッセンジャー もしくは
prasannayogaayu@gmail.com


このクラスは
life style of self-care 研究者
PRASANNA Yoga & Ayurveda Director
SHIZENヨガスタジオ 産前産後専門講師の
金澤誓子が 企画・提案しています。

Dr. 歩 の
マインドフルバーシングから、産科、解剖や精神に関すること、
女性社会活動、ストレスマネージメント、セルフケア法など日常の過ごし方など、
これらが社会活動が基礎になることを探ります。

講師
産婦人科専門医
丹家 歩 医師

主催 金澤誓子
life style of self-care 研究者
PRASANNA Yoga & Ayurveda Director
SHIZENヨガスタジオ 産前産後専門講師

Mindful birthing japan
https://mindfulbirthingjap.wixsite.com/mindfulbirthingjapan

歩 医師 いのちのかけはし
http://bearwalkflyhamahig.wixsite.com/ayumikumagai/mindful-birth-japan

2019年11月13日水曜日

🌟お産の環境🌟情報募集中!

Reborn スタッフとしての投稿です!



現在、Reborn のFacebook pageで 全国各地からのお産への取り組みを募集中です。
Facebook をされていない方で、取り組みを教えてくださる方は、私までメールくださいましたら、代理投稿いたします。

よろしくお願いいたします!

⭐︎⭐︎お産の環境⭐︎⭐︎     情報募集!
皆さんの地域の取り組みをおしらせください。
 
 産科施設は集約化がすすんでいます。
分娩施設のない市町村はどんどん広がっています。

分娩を扱えなくなったベテラン助産師がいる一方で、お産が集中してきて一人一人の妊産婦さんに十分に手をかけられなくなっている病産院もあります。

子どもがあまり生まれない地域の中で、出産する人はますます孤独になり、出産子育ての智慧や仲間を得られにくくなります。
産み場所がさらに遠くとなると、ますます、出産は困難になっていきます。

妊産婦をひとりぼっちにさせないために、安心安全のお産を実現するために、新しい取り組みがありましたら、ぜひシェアしてください。

互いに参考にし、よりよいお産の環境を創造していきませんか。

まずは、他の地域の現状や取り組みを知ることから。
完成形でなくとも、取り組みをはじめたばかりでも、よろしければぜひ情報をお寄せください。

遠くの誰かの想いが、
遠くの誰かの励みになります。

直接コメント欄にご投稿ください。
匿名希望で情報お寄せくださるかたは、REBORNへメッセージくだされば、無記名で代筆投稿いたします。

例えば

🌳地域の開業助産師と医療施設との連携 オープンシステムによる分娩

🌷継続ケア

🌻地域の開業助産師と行政との連携、行政助産師、母子保健コーディネーターの活動

🍃遠隔地で出産する人の産前産後サポート、産前入院の取り組み

🍁産後ケア訪問の取り組み

🌿産前産後教育の取り組み、祖父母教育

💐院内助産、助産師外来の取り組み

💠助産院 新規開業情報

🌼研究や連携のグループを立ち上げ

💚保健師、看護師、理学療法士、臨床心理士、保育士などさまざまな職種との連携

💝ドゥーラ、ピア・サポート、地域の育児グループなどとの連携

などなど。

ご投稿よろしくお願いします。

Reborn 

Facebook page URL

丹家歩 宛て
redpanserdx☆yahoo.co.jp (☆を@に変更してくださいね)





2019年11月2日土曜日

11月14日横浜開催 こころの出産準備クラス マインドフルバーシング体験会

《こころの出産準備クラス マインドフルバーシング体験会 @ 横浜umiのいえ 》
次回は 11月14日 木曜 14:00~16:00 に開催します!
28回目になりました!!

この横浜で行っている体験クラスでは、
マインドフルネスってなにかな?
いま、妊娠中にマインドフルネスをおすすめする理由とは。
レーズンをつかった、食べるマインドフルネスや呼吸法。
痛みに対しての感覚の違いを感じてみる 氷のプラクティス。等など
9週間の本プログラムから、特に理解の助けになる実践を紹介しています。

毎回の出会いや気づきが楽しい^ ^
リピーターも歓迎です!お待ちしています。

体験クラスの詳細、お申し込みはこちら
https://coubic.com/uminoie/117756


9週間コースは、こちら横浜Umiの家で12月から開催を計画しています。
今のところ、毎週木曜 18時半~
準備、間に合うかな!?
用意できたら、告知&募集を開始します。

*今まで頂いてきた感想*
◆出産に向けて陣痛に耐えられるか、また前回の出産と同様に高血圧になったりうまく進まないのではないかという不安があったので参加しました。話を聴いて、今起こっていないこと、過去の不安にとらわれることなく、お腹の子の生命力、産まれてくる強さ、自分の感覚を大切に出産に臨みたいと思いました。氷のワークで、冷たさが変わらないはずなのに、そばにいてくれる人がいるだけで感じ方があんなに変わるんだということが分かりました。
◆”全てはここに在る”こと、自分の捉え方次第だということに目からウロコです。現実は変えられないけど、ポジティブにとらえられる練習を日常からしていきたいと思いました。
◆痛みをやりすごす、痛みを違う角度からみる、痛みにあえて向き合う、いろいろ体験してみることで、身体の感覚や、感じる時間の長さがちがい、新鮮な驚きがありました。痛みを痛みとしてみつめると、痛みがなくなったあとも体にはしばらく残るけれど、痛みと観ずに、氷として見ると、色や形、変化していくことそのものを見つめられるんだな~と思いました。 「赤ちゃんが元気に生まれること」を願うどんなお産も人それぞれの形でありなのだと再確認できた。ワーク3つは面白く、特に氷のワークは実際のお産で立ち戻れそうと感じた。
氷のワークも毎回違う感覚があり自分がじっくりと受けさせていただくことで、気づきがさらに深まりました。 先生の妊婦さんに対する対応が明確で使用されていることで妊婦さんの気持ちが楽になっていく様子が素敵でした。 教えていただいたことを生かしていきます。
エクササイズが三つあり、充実しているなぁと感じました。 氷のエクササイズの言葉の誘導を次回も参考にさせていただきます。体にタッチしながら、氷のエクササイズでは、さすが手当気持ちが良かったです。 今の自分に自信を持っていいと言う先生の言葉がけ素晴らしいと思います。 今後、私も妊婦さんにこのような言葉かけができるようになれるといいなと思います。
◆感覚を研ぎすまし、いろいろな体験ができて楽しかったです。 特に最後の氷のワークは痛みにどうフォーカスするか体感できて面白かったです。
◆いろいろなワークを通じて感じることを体験できました。 出産を好奇心を持ってワクワクした気持ちで臨めそうです。
◆マインドフルバースの講座は出産を控えた娘と一緒に参加できて本当にラッキーでした。 目を閉じることで感覚が鋭くなること痛みに対して呼吸や聴覚がとても役に立つこと、声を出しながら息を吐く事の効果の大きさなど本当に多くの学びをいただきました。 それでいいという言葉が本当にそうだなと思うことができてよかったです。
◆普段使っていない感覚聞いていないことがたくさんあるんだと改めて気がつきました。 痛みと戦わない。痛みそのものを受けることができるように準備していきたいと思います。 陣痛に対するイメージや周囲の人の言うことではなく自分の陣痛がどんなのか楽しむことができるといいなと思います。


2019年10月24日木曜日

開催報告④マインドフルバーシングWS ご感想UP


2019/10/4-6で開催しました マインドフルバーシング 3-day ワークショップの開催報告の続きです。

その①→https://ryukyubear.blogspot.com/2019/10/3-dayin.html
その②→https://ryukyubear.blogspot.com/2019/10/3-dayin_7.html
その③→https://ryukyubear.blogspot.com/2019/10/3-dayin_52.html

嬉しい感想をいただきまして、主催チームは嬉しく拝見しております!!
ありがとうございます。
こちらには、ごく一部を転載させていただきます。
詳細は、ワークショップのホームページ”開催報告”でご覧いただけます。https://mindfulbirthingjp.wixsite.com/retreat/blank-3

本当に貴重なご意見をありがとうございました。

Question 今回のワークショップで学んだ経験・感想を教えてください
○漠然としていたお産・子育てに対する不安が解消された
○価値判断せず,現実をしっかりとらえる大切さ​
○私の求めていたものがここに全てあった、見つけた!つながった!という感覚でした。 まだまだ日本では取り入れてなくても、世界では中国などマインドフルバーシングを取り入れる動きがあることを知り、変化しようとしてる波を感じれたことも嬉しくなりました。 今感じることに、意識を向けるって今の世の中ではほんとに意識しないと難しい方が多いと思います。 きっと自然に出来ている方も少なからずいると思うんです。 私も今回のワークショップを受け、周りにあーあの人はマインドフルネスに生きているからああいう言葉や生活を選んでいるんだなって浮かぶ人もいました。そして、その人といると私も心地よいと思ったことも。 だからまず、私がマインドフルネスな助産師になって、私と接するママや助産師から変化していったら嬉しいなって思います。 だからまず、私が今を丁寧に感じながら、ワクワク生きてみます。 とっても優しく、穏やかに気づいて実践してみようと思った研修は初めてだったので感激でした。 そして、ワークショップで素敵な出会いがあったことも嬉しかったです。
○セルフケアを軽視しない
○ワークショップに参加する前は、マインドフルネスという言葉さえもよくわからなかったのですが、様々な体験を通して身体と頭の両方で少し理解できたと思います。瞑想をやってみて、静けさの中自分の感覚に意識を向ける感じは、初めて体験した感覚ではなかったので、もしかしたら今まで自然に同じようなことをしていたかもしれないなと思いました。しかし、今回はそれを意図的にやることを学んだので、今後は意識的にマインドフルネスを生活に取り入れていきたいと思います。 
○深い意識レベルに落ちた感じでした。初めての体験です。
などなど

Question 妊婦とパートナーが、マインドフルネスが学ぶことについて、どのような点が役立つと思いますか?

○お産を自信を持って迎える事ができそう。絆が深まりそう。
○夫婦間の中も良くなると思います。​
○分娩の時や子育てって正解や方法ってなくて、自分であったものを探していくものだと思っています。その中で自分の感覚に意識を向けることはとても大切だけど、その感覚に意識を向けることができない、難しいと始めから毛嫌いする方が多い気がします。外へ求めるのでなく内に求めることで何か見つかるのかもということを体感することで、緊張や不安にまみれ飲み込まれたまま過ごす妊産婦、ママたちが減っていくのではないかと思います。 またパートナーの方には知識や情報ではない寄り添い方を体感してもらうよい機会になり得ると思いました。寄り添うって簡単に言葉でいうけど、それをわかり実践することはとても難しいことだと思います。パートナーとして妊娠、分娩、子育てに寄り添うってことパートナーでなく、ママたちをとりまく全ての方に体感してほしいことだと思いました。 そしてシェアすることでもっと体感が増すというのがいいと思います。
○夫婦のストレス・コーピングスキルが向上することで産後や育児の高ストレス期を乗り切ることができる
○マインドフルネスを学ぶことで妊娠を機に自分自身を変えるきっかけとなり、パートナーとのより良い関係性を築く礎になると思いました。また、不安や困難が伴う子育てに向けての心と身体の準備ができると思います。 分娩のときに役立つプラクティスも多くあり、出産に向けての不安の軽減やより分娩体験が豊かなものになるのではないかと感じました。
○陣痛をそのまま、赤ちゃんが生まれた後もそのまま受け入れる。自信を持って今後の人生を楽しんでいける
○妊娠、分娩、産後に対する恐怖や不安への認識変化
○出産の経過を正しく理解する事で、漠然とした不安が軽減できる。 呼吸に意識を向ける事で、痛みの感じ方が違う事を知る。 どんなサポートが効果的なのか、数種類の練習を通して知る事ができる。 出産に対するネガティブな感情を、受け入れコントロールする事ができる。
どんなことでも未知の世界に進むときには必ず不安や恐怖はあると思いますが、妊娠・出産というあまり学校教育では詳細を教わってこないにも関わらずとても大切なことについて、心と体の観点からマインドフルネスを学ぶことは出産に対する概念や心構え、そしてパートナーの理解を大きく進歩させることになると思いました。夫婦間のコミュニケーションのズレを解消するのにも役立つのではないかと思いました。

2019年10月20日日曜日

バルセロナ旅行記⑦最後の夜の出会い、と。



偶然入った 最終日夜のレストラン



夜ですけど、生オレンジジュース飲みます!


予想と全く違う料理が出てきたーー笑

で、食していたら、素敵な出会いがありました!

たまたま横に座った 女性と目があって、思わず”こんにちは”と言うと、、日本人の方でした!
インド人の旦那さんと一歳半の男の子で旅行中の彼女は 日本うまれNY在住のマリさん。
この日、バルセロナに到着したそうな。

そのまま一緒にご飯を食べて、一緒にデザートに行こう!ということに。





日本人経営?のケーキ屋さんに移動して、色々話した。
息子さんは、日本人男子より骨太め、筋肉も強いし、身体同様に性格も頑固な感じ。で、お顔は天使みたいに可愛い💕ヒンディー語、日本語、英語のlanguage exchangeが日常。成長が楽しみだよね。どんな世界で行きていくんだろうか。

いつもはニューヨーク在住のこのご家族。
NY遊びに来てね!という話に。
行きたい、、、すぐに行きたい~~~

ニューヨーク在住の女性向けに何か講座やイベントしようかな。
女性のカラダの講座もしたいし、もちろん、マインドフルバーシングのクラスもしてみたい!!
彼女もちょうど、プロジェクトをしたいと思っていたところだったそうで、お互いにとって、とても素敵な出会いをバルセロナでプレゼントしてもらえました!
面白い夜!
気付いたら足も80%くらい戻ってきている。このお陰で、あまり遠くに食べに行かないことにして入ったお店だから、こういう天の計らいって奥深いものだよな~



16日帰宅の朝。
デモの影響で 運行がどうなることかと案じていた空港バスの乗り場
英語の情報も、もちろん日本語の詳しい情報もないまま、Aerobusのホームページで、バスの運行は大丈夫そう、という事だけ確認して、バス停にやってきました。



見やすい表示~
バス大丈夫!





片道は5.9ユーロ 往復10.20ユーロ
私は、初日に往復チケットを購入したので、そのレシートを手に待つ。


来た!


ハイウェイは空いていて、30分程度で空港に到着。
思っていたような閉鎖や渋滞はなくて安心しました。
逆に余裕もって出過ぎたか・・・


空港のセキュリティーを超えれば、デモ隊がもしターミナルに来ても安心。
JAL名義のフィンエアーでチェックインして、すぐに空港内に入ってこれた。
最後の朝ご飯は、オレンジジュース、カフェコンレチェ、ボカデージョの大好きセット5ユーロ!


さらば、バルセロナ。
またな、バルセロナ。
色んな要因(デモ、左足のねんざ、サグラダファミリアのタワー閉鎖etc.)で、見たい場所を盛大に残してきてしまったので、絶対きます、またすぐに。


フィンエアーは快適!4時間のフライトで、まずはヘルシンキに向かいます。


フィンランドといえば、ムーミンなんですね!だったんですね、そういえば(こういうキャラクターものに疎い)
チャイラテを頼んで成田行きフライトを待つこと1時間。


ななななんと、徳之島の病院で研修したときにお世話になった、同じ兵庫県明石出身の内科の先生にばったりと再会。
どうなってるんだ、これは。
最後まで驚きが多い旅となりました。

旅は、新しく予想のつかない瞬間に出会わせてくれる。
いつもの日常の10倍くらい、感覚も研ぎ澄まされて、時間から自由になって、いまこの瞬間に波乗りする。
左足が捻挫したからこそ、デモがあったからこそ、歩く速度が遅かったからこそ、味わえたこの旅路。マイナスに思えることも、その出来事の捉え方で変わる。
さて、この状況を、どう楽しみたい?と自分と相談しながら。
今回の旅での出会い、感じたこと全てが、とても貴重な経験でした。

でも、日常も、いつも旅のように感じる。
一緒だと思い込んでいる1日でも、少し深呼吸してから初めてみる。
そうしたら、発見がいっぱい。
自分の心も体も、いつも違うから、一緒の日常なんて何もない。

だから、旅を終えても、まだ旅は続いていて、これからも今までの私が踏んだことがない場所を、私の足で歩いて行く。

マインドフルバーシングのワークショップの後だから、更にその貴重さにありがたさを感じました。。

旅記録はここまで、で、さて、オランダ・バーグで参加したISPOG2019の記録に移っていきたいと思います!
ひとまず、終了です。