2015年11月29日日曜日

タヒチ旅行記 ③ポリネシアンダンス 踊りはささげるもの

夜には、真っ暗になる島です。
あるのは、足元の小さな外套だけ。

この日は、週に2回、レストランで開催されるポリネシアンダンスショーへ!
島は2000人半ばの人数らしいのですが、ダンサーとして一本で生きている訳ではなく、踊りは生活の一部。普段は、日常の生活がいとまなれていて、こういったショーの時だけ、ダンサーをするのだそうです。

南国らしい、風景。。
これぞ、南国のダンスショー!
軽快なリズム、波のような歌と共に、熱いダンスが始まります。

可愛かった若手ダンサー!
ハワイもタヒチも、ふっくら豊満ボディーが人気。
ダンスもね、腰やお尻が豊満なほうが、ダンスの表現の幅が広がってデカイ波を表現できるんだってことを学んだ。すっごい波がくるんですよ。ブインブインって、波が観客席までさ~

若手男性ダンサー。
腰はふりませんが、膝やステップが、女性のステップよりも複雑でした。
男らしい直線的な動きがおおく、かっこいい。
体つかって生きてきた男たちのダンス。
情熱的なんですね。

音楽担当の方がたの方が、ダンサーよりも若干オジサマな雰囲気。
女の子たちもコーラスに加わって、ナイスなハーモニー♡ とことん楽しそうに演奏しています。

何曲か衣装をかえ、メンバーをかえ、楽しませてくれたあと、客席からもゲストダンサーとして招いてもらい、レストラン全体が一つになっていきます。

私もおどってきました~~♪

ポリネシアの踊りも、海にささげ、豊穣を祈るために伝わっているもののようでした。
この日、朝・日中と降っていたスコールも何もなく、いつにもまして澄んだ空気。
よぬよぬ。


この日は、月もおでまし。
静かな空気の中に、島や自然の喜びがふくまれていたようでした。








0 件のコメント:

コメントを投稿