2015年11月29日日曜日

タヒチ旅行記⑥ おかえりなさい、青の世界







夜のホテル。レストラン棟の明かりも美しく海に映えます。
もうちょっと、居たかったな~~という名残惜しさを残しつつ、ランギロア島にサヨナラを。
最後の日のランギロアも、美しい青。
陸上も、海の中も、どちらも、シンプルビューティー。
海に関わるようになって、一つの島の味わいもグッと濃くなりますね。
海って、ほんと、まるで、空を飛んでいるような気分になります。たまに手を広げてみて、魚たちと一緒に波に流されると、”楽しい~”で全身が満ちていく。

そして、タヒチ島パペーテの夕陽。
こちらは、人も多いし、街です。
たとえるなら、沖縄本島那覇市。ランギロアは、同じダイビングで有名な宮古島、だな~

なんでタヒチ島に泊まるのかっていいますと、タヒチから成田に向かう飛行機は、早朝7時ころ発なので、他の島々に泊まっていた日本人観光客は、一気にこの夜にパペーテに集合するのです。
絶対泊まらないと帰れない事になってます。

夜の楽しみは、夜だけオープンする、市場。

ガイドでも有名な、KIMさんの中華。

野菜のソバ。一皿ボリューム満点で、ふたりで分けて食べてもお腹いっぱいになります。
もちろん味も雰囲気もGOOODです。

フランス領らしく、屋台には、クレープやガレット専門店も出店。夜に、クレープ~~
リンゴの煮込みがはさまれたタヒチ最後の甘味。

人気だった、シェフが店先で料理していたBBQな屋台。どんどん吸い込まれるお客さん。

活気があったな~~

*この旅で*
二人で国内外色々行ってきましたが、ランギロア島ほど、ゆっくり、感動し、満たされた場所はありませんでした。
海の美しい姿だけでも、一日は満ち足りて過ぎていく。

何より、やっぱりイルカたち。

あの声や瞳、美しく海の中でダンスする姿。
シンプルで、完璧な。

私達は、いろんな荷物をもっていないと安心して過ごしていけない哺乳類。
対して、イルカたちは、身ひとつ、家族とのつながりの中で、目の前にある美しさに含まれて生きている哺乳類。

どう、生きていたいのか。
自分に問ういい旅になりました。








0 件のコメント:

コメントを投稿