2015年2月28日土曜日

自分を活かすシゴトとは??

みなさんの仕事。
そのことを考えて、ウキウキわくわくしていますか?

最近やっと知ったこと。
 世間の多くの方が、”仕事は義務、義理、我慢。 楽でお金かせげたらそれでよし!”の基準でえらんでいること。


びっくりした。本当に。
楽で収入が高い、ということが、世間の仕事の基準になることなの?とかなり驚いた。
信念がまずあって、人生の本当に価値のあるものを達成するために、仕事をするもんだ、と思っていたから。
そして、
一日一日、みんなと広い知恵を自然の横で共有しながら、笑いながら、泣きながら、暮らしていきたい、と思うのですが。


・・・私は、医学を志すことに決めてから、父親にアドバイスをこう、もらってきた。
”癒す仕事につくなら、まず人間学。癒すなら一人の人間として、社会にどんなことが貢献できるか、しっかり学べ”

人間として、今している内容を、堂々と好評できるか。
そして、自分自身が、その内容をされても納得できるのか。
(→これは、いつも自分に投げている質問!)

難しい状況の患者さんに接するときこそ、その問題で私がどう選択するか。
自分のハラがどうくくられていて、選択していくかが重要なんだ、と思う。

医療が、ただ、薬、手術、処置、の決まったものだけしていたらいいのなら、ロボットにガイドラインをおぼえこませてしたらいいと思ってる、本気で。これは、ただの医学。


でも、いろんな人間が、かかわる医療なのだから、その根底に、まずは、自分が生き死にをどう考えているのか、があってこそ。
医療を行う人間が、その人間として、個としての能力を発揮して行うものこそ、色んな悩みをかかえる方に対応できる大きな力になると思っている。

だから、創造力つかってますか?と自分に問う。

医療者が、自分の人間力を高める。自分の中に何が眠っているのか、真剣に感じ理解する。そして、それを表現して、癒すこと。

これから、求められるものって、こういうものなのでは、と思うし、こういう医療者が個であることは当たり前なんだ、っていう世の中になってほしいな、という想いがあるのですが・・・。

わかっているのは、病院という、経営をしなくてはならない、お金をかせぎ、同じ状況を維持しなくてはならない大きな箱という環境では、結局、個がないほうが雇いやすいだろう、ということなのです。。
(だから、雇いにくい人間で、まず、ごめんなさい!)

病院から出るタイミングがやってきたんだな、と思っている今日この頃。

自分の信念の下に行動する前に、誰かに許可をえるのは、もうやめよう。

自分の感覚と、同じ想いで集まってきた仲間、すでに一歩踏み出している仲間を信じる。
異端児あつまれ~って感じ!

Let it GO !な時代です。

変わらない、のは簡単。
今の現状は、何が起こるか明確、予想がつくぬるま湯の中。
変化をおこす、選択するのは自分。
選択する道が正しいとかじゃなく、選択していく事に不安なく、楽しむこと。結局、根本のところで、自分に愛と信頼をもっているかどうか

一歩ふみだすまで、あと1/3歩くらい。
もう少しで、ほんとに”歩”になる!!



1 件のコメント: