2017年5月13日土曜日

5月11日マインドフルバーシング体験会in 横浜umiの家 後記&ご感想

5月はウエサク満月を迎えたばかりの11日朝
おなじみ横浜のumiの家にて”マインドフルバーシング 心の出産準備クラス”体験会を開催してきました。

今回は2組のお産を控えるご夫婦も参加くださり、男性の参加者の方が初めていらっしゃいました。



円座になって、まずは、呼吸を合わせ、場所へのチェックインをして
いつも使っているマインド、と、
新しい視点が加わることで体験したことの質が変わっていくこと、
赤ちゃんや子どもたちはいつも探検していて私達もそこに戻って楽しむことができること、
痛みは悪者ではなくメッセンジャーなんだ、ということ
そして、陣痛は、赤ちゃんからのメッセージ 、今、ここで変わるんだよ!始まりに気が付いて、ってこと。
恒例、”痛みのプラクティス”も行いました。


みなさんの反応が、本当に一人ずつ違うので、感想を聞くのが楽しみです。
人って見た目が同じ体験でも、こうも違う経験をする事が出来るんですよね~

ご感想も頂きました!ありがとうございます(^.^)

・レーズンを食べるときは「ボウケン」する。 痛みと経験は切り離す。 呼吸をすることで、体が変わっていくのを感じました。

 ・本能を感じる、受け入れる。 お産だけでなく全てに通じるなあ~と思いました。

 ・レーズンや氷の体験はとても新鮮でした。 妻と一緒にお産を感じることができたらなと思います。共感したいです。

・自分に還る時間でした。先生きれい!

・とても興味深かったです。もっと長い時間味わっていたいと思いました。 マインドフルバーシングの日本語訳はまだ出てないようですが、出版を期待したいです。 認知、知識のフィルターがあるがままの体験を妨げているのだなあと改めて感じました。

・自分の中に眠っている感覚があることに気が付いた。 (普段気づいていないことが多いこと、想像に支配されていることが多いことに気がついた) 参加できて良かった。もっと気持ちを楽にしてお産に臨んで良いのだと思った。

 ・今の自分に「気づく」という体験がすごく新鮮でした。赤ちゃんに戻ってくる感覚や、お腹の中の 赤ちゃんの動きなどを感じることができ、今の自分、一瞬一瞬の自分にフォーカスできておもしろかったです。 お産が楽しみで、どんな痛みなんだろうとワクワクしています。今日の氷やレーズンの体験は楽しくて、 子どもたちは日々こんな新鮮な思いをしているんだろうな~と思うと、一緒に遊んだり、 子宮の中に私も戻って、一緒に陣痛を乗り越えていけたらいいと思っています。 

・38週の妊婦です。参加できてよかった! 2人目の出産で、今回は夫も立ち会えないだろうし、一人での戦いになるなと、まさに怖がっていました。 一人目の時も、そんなに痛かったわけではなかったようにも思うのですが、やはり、いつ終わるかわからない 不安やどんな痛みがこれからくるのだろう、どうなるのだろうという恐怖と戦っていた記憶があります。 でも今日来て、戦わなくていいんだ、受け入れればいいんだと思うことができました。 また、出産だけではなく、子育てに関しても気付けること、向きあい方を変えられる言葉をたくさん頂きました。


次回は6月24日土曜日に開催です。7.8月も月1ペースで開催を予定しています。
申込みはこちら→https://coubic.com/uminoie/117756





0 件のコメント:

コメントを投稿