2015年7月5日日曜日

いのちのしま。私たちの中の、波を感じる旅。

ご報告遅くなりましたが、、

6月23日の沖縄慰霊の日は、沖縄の南部にある玉城城跡(たまぐすくぐすく)
の朝陽を拝みにいきました。

yuraiの”いのちのしま トライバルフラ”のワークショップに参加し、そのメンバーでの参拝でした。
長野時代からの大ファンである、yuraiの名曲、”いのちのしま”、のフラは、本当に地球と一体になる感じ。なんと季節にあわせて24パターンもある!夏至バージョンは、ポリリズム。。4拍の中に3拍が組み込まれる。言葉では到底表現できないけれど(笑)

気になる方は、ぜひ、↓のリンクへGO。
全国各地でワークショップもライブも行われています。待望の新アルバムhahautaⅢも名曲揃い!

☆共に宮古島から参加。ココナツライフのなっちゃんと(彼女は、ハタヨガとシュノーケリングのリトリートを主催していますよ!http://ameblo.jp/coco-nut-life/)。

海に向かって、いのちのしまを踊る私達。

沖縄の深い深い青は、今も昔も、なにもかもを受け入れている。

命が宝である、と沖縄の海は、いつも教えてくれます。ありがとう。


さて、私は、このフラのワークショップの合間に、2か所でのクマのおなご塾開催と、稲福陽子さんとのコラボ『いのちの架け橋ワークショップ(講演会、実技、個人セッション)』をしていました。

このワークショップで学んだこと(INPUT)が、私の体と心をとおって、すぐにOUTPUTされている感覚があって、ほんと、有意義な時間だった。

大きく表現することが、特別で美しい、と思っていたのだろう私の舞は、emaさんの一言で、激震きたる!

”演じることなく、そのままの想いを表現すること”自体が、美しい事なのだ、ということ。

その言葉が、医師を演じようとしていた私の殻を、一気に壊した。
(そして、あの笑顔)

生き方が、行動に現れる。

旅する家族ユニットyuraiには、音楽を通して、その家族の生き方そのものの美しさを感じ、多くの人々が魅かれているんだろうな。。

0 件のコメント:

コメントを投稿