2015年3月7日土曜日

いっぱいのありがとうを、お母さんに伝えたい!

産科のある病院には、必ず『切迫早産』という状態のお母さんが入院をされています。

何らかの理由で、お腹が張りやすく、子宮の出口が短くなっていて早産(妊娠37週未満)になる可能性がある状態。

そのお母さんたちは、ほとんどの場合、24時間の持続点滴で子宮収縮を極力おさえる治療をしながら、長期間の入院。

その入院は、1日1日が、きっと長く感じられ、大好きなホッとする場所から離れ、まだ幼いお子さんとも離れ、、。
それは、今まで自分の領域だ、と考えていた場所、人、仕事からの孤立。

医療者から、まだ赤ちゃんは肺呼吸が苦手だから、お母さんのお腹で後△週間いる必要がありますよ、とか、子宮の出口が短くなっていますが、いつまでもつかは分かりません、とか、お母さんだから頑張って!とかとか、本当に色々なことを言われ、

そうか、赤ちゃんの為。
でも、私は、そう頭では考えても、心が悲鳴をあげそうだ。終わりがあるにしても、長い1日を、この先何週間も、、!もう、頑張ってるからー!(>_<)
もう、出たいよーっ、帰りたいよー

って、一瞬以上、思われると思うのですよ。
だって、病院に四六時中、自分は元気なのに、長期間、誰かの為(望んだ赤ちゃんであっても)にいるなんて、誰だって、辛くなる。


そんな時、赤ちゃんはどう思ってるんだろう、って考えてほしい!
お腹の中を感じると、わかることがあるかも。
妊婦健診をする時、お腹を触れると赤ちゃんは中からコツコツと合図がする。
これを、お母さんへ伝えてほしい。


---------


お母さん、ありがとう。
お母さんのお腹の中はあったかいの!
ずっとここにいたいなぁって思うの。

水の中にね、お母さんの心臓の音が響くよ。それに合わせて、踊るの。
間違って肋骨けってごめんね。夜も起こしてごめんね。

あと水の中には、お母さんの寂しさや、不安がいっぱい溶けてるの。
そっか、私のために寂しい思いしてるんだね、お姉ちゃんの声が聞こえないもん。ありがとう、お母さん。
だから、私は、少しでも不安が減るように、一生懸命、水を飲んでる。

お母さんが、笑ってると、水も跳ねる!気持ちいいから、また踊りたくなるよ。実はお母さんの友達のお腹のね、双子たちとも仲良しなんだよ。

でも、ここは気持ちいいけど、お母さんに会いたいな。
もう少しで会えるね、育ててくれてありがとう、お母さん。
私は、ここにいるよ。一緒だよ。
大好きなお母さんの笑顔をみたくて、ウズウズしてるんだ。

-------

一人じゃない。
あなたには、もう、無条件に愛してくれる家族が、いつも、側にいるんです。

寂しかったら泣いてほしい。
悲しみを隠さなくていい。

ただ、お腹に手を当てて深呼吸。
小さくも強い、超前向きでハッピーな、無限の可能性を持ったチャレンジャーが、あなたの1番の味方です。

入院を乗り切って、お腹の中から、出てきた時、赤ちゃんも、いくらか誇らしげ。
胸に顔を埋めた赤ちゃんは、お母さん大好き〜っありがとう〜って幸せ顔なんだ。

私からも、
本当に長い期間、赤ちゃんの為にありがとうと、心から伝えます(^-^)/




0 件のコメント:

コメントを投稿