2015年2月21日土曜日

奄美ありてある 2015/2/21

尊とがなし。

全ての命は、繋がっている。

尊とがなし。

稀有なご縁が重なって、人生は奇跡の軌跡をたどっていく。

尊とがなし。

白い鳥が、守り神。
白い鳥は、まるで、龍のよう。
場所を超え時間を超え、一瞬と、永遠を自由に翔ける。

尊とがなし。

祈りと舞が、扉をひらく。
気がついた時には、大事な人とあなたの心の内側に光がさしこむ。

+++++++
2015/2/21 奄美大島に初上陸。
年明けに、朝崎郁恵さんが出演する舞台、奄美ありてある、を知り、すぐに行くことを決めました。

今の状況で、奄美大島にこうやってイルというのは、あまりにも幸運なこと。

奄美は天海、天水なのかしら。
海は、波、音、風が完璧に調和していたよ。

2012年に長野穂高養生園の朝。
朝陽をみていたら朝崎郁恵さんもちょうどいらした。

"奄美大島ではね、自然が神様なの。朝、太陽に感謝して、夜、星にありがとうをいうの。"

どの選択も、yes!! 
自分が何を受け取るか、ではなく、大事な人に自分が何をできるのか。

自分の可能性や能力は、今、自由なのかな。

ガチガチの世の常識で支配されたコンクリートに、"親切そうで、暖かそうな、型が決められた" 人工的ソファー。

座る際には翼をしっかり縛り付けて、それか、取り外してください、と注意書きがあるんだ。

今日、座った海岸の白い石。
波音に囲まれて、沈みゆく太陽を浴びて、歩けば音楽になる場所に色んな形で存在していた。
もう、本当に、海になりたい、ってくらい気持ちよかった。

自然は神様。
故郷なんだなぁ、って、手を合わせた。







0 件のコメント:

コメントを投稿