2014年10月28日火曜日

病室から大爆笑!


今日は、勤務終了してから、どうしても会いたい方に会いに、前勤務先にいってきました。

9月。
私は精神的につらい状況で、ギリギリで。見た目は元気でも、全くもって魂枯渇していた時期だった。

その時期に入院されていた、ある3人衆。
Mさんは、胎児をかかえての大手術を受けるために九州から一人、数か月にわたる入院中。
Tさんは頸管長が短くてこれから数か月入院予定。
Yさんも切迫早産で入院中。


年齢も、状況も全く違う。でも疾患は、それぞれ油断をゆるさない状況だった。

ややもすれば、ストレスだらけの毎日。
毎日同じ場所で、いつも通りの食事をたべ、先生たちは”おなかはりませんか?”とか病気のことしか聞かない(忙しいと、さらにそんな状況になりがち。)。
頭は病気のことだらけ。体のことで入院したのに、心まで病んで・・っ


ただ、この3人は一味も二味も違っていた。

はじめは、全く話さなかった3人ですが、いつのまにか、ご飯時は、カーテンをフルオープンして、大きなお部屋で和気あいあい。

一人が子宮収縮増加して、早産に近くなって個室に移動したときも、後の二人は個室までご飯を食べにいって、大笑い。

個室の一人は、二人が来ていない時に、二人あてにお手紙(お菓子つき)を用意して感謝を伝える。

Tさんが一番週数が早かったのだけど、”私はMさんと、Yさんの分娩を絶対みとどけるのよ~!”と明るく言ってのけていた。

私も一緒になって、病棟で大笑いしていたら、いつの間にか、鬱々とした不安も悩みも、笑いと共に消え去ってしまって・・仲間!そのエネルギーってすごい。

この3人は、まさに、ココロからつながった仲間で親友で、お互いのココロを支えあっていた。

10月になり、私は勤務が変わってしまったけど、10月28日(Tさんの帝王切開の予定日)には、何がなんでも会いに行くてきめていた。

そして、今日。

Yさんは少し早い2週前に分娩。明るく帰宅したそうな。
Mさんは、予定よりも6日前に分娩していた。30日退院だそうで、ギリギリの再会。
見守るのよ!と言っていたTさんも、元気に育て中で、1000gを順調に超えたそうな。

3人で、9月の大笑いの続きをして、近況を報告。

”この期間の入院でよかったよね~先生も一緒に笑ってくれてありがとう~いてくれたから、どんなことがあっても明るく過ごせたんだよ~~!!”って。

(涙、涙)

写真のカレンダーは、Mさんの分娩予定日カウントダウンをするためにデコレーションしたスペシャルバージョン。
かわいい、お化けがくっついて、数字の一つ一つまで温かい魔法がかけられてた。

まだまだ、問題はあるけれど、心まで暗く病気になる必要なんて一つもない。
病院は出会いの場所でもある。多くの人の人生が交差する、ハブ空港のように。

実は、これから一生に続く出会いが得られ、何か面白い道に入っていくのかもしれない。

ほっこり、優しい、つながりが、これからも、続いていく。

患者・医者という関係よりも、人間らしく、もっと感動までも共にして、お互いに癒しあうことの出来る関係。

病室からの大笑いは、病院は治療、という枠を、解体する。

いつでも人は、人らしく。

また、今のフィールドで、実現を応援していきたいな、と思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿